Loading...

しろさん

北海道 / 40代前半 / 自分・娘(1歳) / ベンチャー企業の経営幹部 / 正社員
2019-03-03
記事作成日:2018-12-22

仕事について

before

ベンチャー企業の経営幹部
正社員
9:00~18:00 残業月80時間+持ち帰り業務月10時間

after

ベンチャー企業の経営幹部
正社員
9:00〜16:00(予定) 復帰1年は時短勤務のはずが、事実上は9:00〜18:00の定時退社

スポンサーリンク

お仕事について教えてください。

事業部長として経営に携わっています。売り上げの確認や会議資料の作成、候補物件のチェックなどを日々おこなっています。店舗のマネジメントも業務に含まれるので、365日9時から23時まで緊急対応が発生することもあります。最近は部下も育ってきたので、深夜対応の回数は減っていますが、社内SNSはかなりの頻度で使っています。そのほかに週1回ほどは深夜に本社幹部間でやり取りしています。成長中の企業のため、繁忙期は帰宅後、深夜まで家で作業していることもありますね。週に3回は2時間程度の定例会議があり、月に1〜2回、5日間程度の出張にも行っています。出張先は全国なので、インターネットで現地の託児所を調べて預けるか、先方に断りを入れて子ども同伴での商談をしています。

子連れ商談!それも当たり前になってくると働く人の環境も変わっていきそうですね。職場の雰囲気はどうでしょうか?皆さんお忙しい会社なのかなと思うのですが。

99%が女性の企業なので、子育てへの理解は深いです。子育て支援制度も整っていて、役職によって費用負担額は変わりますが、私は出張時の託児料金や毎月の保育料は全額会社で負担していただいています。

社員の方々をマネジメントをするにあたって、時間の制限があることはネックになっていると感じられますか?

確かに仕事にあてる時間が減っていることは悩みですね。マネジメントに関しては、仕組み化・体系化して極力自分が直接関わらなくてもよい状態を作っています。部下が早くひとり立ちできるように、会食やミーティングをまめにおこなって概念を合わせることは意識しています。そういう席でも子連れではあるのですが………。あとは夫がいないので、家で仕事をしていてもだれにも何も言われないことは大きいかもしれませんね。とはいえ、子どもを同行させていることが、子ども本人にとって過大なストレスになっていないかは心配です。

スポンサーリンク

生活について


タイムスケジュール check!

保育園までの距離、送り迎えの担当を教えてください。

保育園までは車で10分ほどで、会食があるときはタクシーを使っています。時間に余裕があって晴れているときは散歩もかねて地下鉄を使って向かっています。こういう日は40分くらいかかります。両親は他界しているので、送り迎えも家事もすべて自分がやっています。

お身内の方がいらっしゃらないんですね。一番大変だったことはどういったことでしょうか。

娘が4ヶ月の時に職場復帰をしたのですが、復帰から5ヶ月ほど経ったところで母が他界し、さらにその翌月娘が入院したときには、「さすがにきついな………」と思いました。母の体調のことも分かったうえで、一人で出産することを決めたときに、これから起こる困難はすべて引き受けて幸せに生きようと覚悟を決めていたので、なんとか乗り切ることができました。

大変なことが続かれたんですね。日々の家事も大変かと思いますが、お仕事も忙しい中で、家事の外注サービスなどは検討されましたか?

産後の床上げのときは、家事の外注サービスを上司からプレゼントされたので利用しましたが、それ以降は使っていません。今のところなんとかなっているので、本格的な検討もしていないです。

日々の必須サービス、アイテムはありますか?

まずはベビーシッターです。同じシングルマザーで保育士をしている知人がいたので、未婚で出産することが決まった時点で「残業や会食の時だけお願い!」と頼みました。繁忙期で残業必須の日や、大事な会食の時にお迎え、夕食(用意したものを食べさせてもらいます)、寝かしつけをお願いしています。だいたい23時くらいまでお願いすることが多いです。また、子連れでの会食も多いのでチェアベルトは必須ですね。




このインタビューに似た体験をしたことがありますか??
体験談を投稿する!

スポンサーリンク