Loading...

あおなさん

東京都 / 30代前半 / 自分・夫・息子(年中)・娘(1歳) / 営業事務 / 正社員
2018-11-01
記事作成日:2018-11-09

仕事について

before

不動産仲介業/営業事務
正社員
9:00〜17:00 残業月15時間

after

不動産仲介業/営業事務
正社員
9:00〜17:00 残業月7時間に減少

スポンサーリンク

お仕事について教えてください。

不動産仲介の会社で営業事務として働いています。仕事内容としては、労務管理、経理業務、本社との実績の報告などのやりとり、営業さんが作った書類のチェック・保存、物件のネット掲載のメンテナンスなど、細かい事務全般になります。優先順位をつけて、的確に終わらせていくことが求められますね。
PCに向かって黙々と作業をするというよりは、事務所内を動き回って、上司や営業さんとコミュニケーションをとりながら、仕事をしています。外出することは稀です。

出産後、残業時間が減っていらっしゃるとのことですが、残業を減らすための工夫を教えてください。

定時帰りのために、自分の作業には徹底的に優先順位をつけたうえで、この先1週間の予定を把握して、突発的に忙しい日がないようにしています。また急な休みに備えて、退社時には必ず2日分の業務予定と締切を確認しています。こうしておくことで、突然行けない日があっても漏れなく引き継ぎができるので安心です。締切がある業務については共有スケジュールに入れておくのも工夫のひとつですね。
産前は時間があったので、今思えばそこまで丁寧にやらなくても………という部分をすごく丁寧におこなったり、業務時間中に営業さんと談笑したり、仕事について熱く語ったり、営業さんの仕事を必要以上に手伝ったりしていたと思います。その結果、毎日定時+1時間くらいの残業でした。あの時間も今の私の身になっているとは思うので、無駄ではなかったかな。

上司や同僚の方との関係、働きやすさという点はいかがでしょうか?

上の子どもの育休明けは、ワーママが会社全体でも数人しかおらず、手探り感が強かったです。子どもの病気で休むのも言いづらくて………。直属の上司が「仕事をちゃんとやってくれれば、たくさん休んでもいいよ」と言ってくださったので助かっていました。
今も部署では唯一のワーママですが、会社全体でワーママが急増していて、最初に復職した4年前よりかなり雰囲気はよくなっているし、社員全体に理解が広がっている感じがします。
「水曜日が定休日、それ以外に週1回好きな曜日に休む」という勤務形態も働きやすい面のひとつですね。たとえば、もともと水曜日と土曜日を休みにしていても、火曜日に子どもが体調を崩したら火曜日と水曜日を休みにして、土曜日に出社するという形で調整できるんです。それにチームで相互に業務をおこなえる体制をとっているので、チームのメンバーで私だけが出勤する日もありますし、「土曜日は私、日曜日は後輩が出勤」というときには、土曜日は後輩の仕事を私がして、日曜日は私の仕事を後輩がするのが当たり前なんですね。自分だけが仕事を一方的にお願いする立場にならないことも気が楽です。
また、ある程度の規模の会社なので、基本的に自宅近くの営業所に配属するなどの配慮もしてもらえます。1人目のときはワーママが少なく、「時短勤務の人は、勤務時間も少ないのに通勤時間も少ないのではほかの社員から不満がでるから自宅最寄りの営業所には配属できない」と人事に意味不明なことを言われて。家に着く時間が一緒なら、自宅から遠い産休前にいた営業所で時短勤務をするより、フルタイムで勤務できる自宅最寄りの営業所がいいと希望して、異動しました。そこでうまくいっていたので、2人目の復職時は同じ部署に復帰しました。そのころにはワーママが社内に急増していて「時短なら最寄り営業所はNG」のルールも撤廃されていました。1人目の復職~2人目の産休まで一生懸命働いた結果、直属の上司が「あおなさんが2人目の育休から復職するときはうちの部署にどうしても戻してもらいたい」と上司の上司や人事にかけあってくれたらしい、という嬉しい話も後日耳にしました。
育児中の人だけでなく、事務職は自分ペースで仕事を進められ、定時帰りが基本なので働きやすさという点では満足しています。営業職の人は20時から21時ごろまで残業しているので、育児との両立は難しそうです。

チームで仕事ができる体制というのはとても理想的だと思います。自分だけがお願いするんじゃないというのも心理的に助けられますね!土日のお仕事もあるということですが、出勤頻度はどのくらいなのでしょうか?

土日のどちらかは必ず毎週出勤になります。土日はやはり休みたい人が多いので、チームで相談しながら土日のどちらを休むか都度決めています。「ワーママの先輩がいるせいで、好きな日休めなくてデート入れられない!」と後輩に思われないよう、後輩たちの希望をしっかりくみ取るよう配慮しています。

働きやすい環境ということでうらやましいかぎりですが、お仕事での悩みはなにかお持ちでしょうか?

子育てとの両立という点で今の会社に不満はないです。ただ勉強をして資格を取り、自分のスキルがつく仕事をしてみたいという思いはあります。仕事、家事、育児に追われて勉強する余裕がなく実行に移せず、悶々としている状態です。

スポンサーリンク

生活について


タイムスケジュール check!

保育園までの距離、送り迎えの担当を教えてください。

自転車で10分、雨の日は徒歩とバスを使って20分です。送り迎えともに私です。

雨の日は大変ですよね………。保活はいかがでしたか?希望の園に入れた形でしょうか?

保活激戦区に住んでいます。上の子のときは、最初は認可外保育園(東京都の認証園でした)に2年通ってから、認可保育園に転園しました。下の子も同じ認可外保育園に年度はじめの4月から月謝を払って在籍し、枠を確保したうえで7月から通いはじめ、結果的に9ヶ月通って認可へ転園し、今は兄妹で同じ園に通っています。保活の進め方や保育園選びのポイントについては詳しくなったと思います。

下のお子さまが認証園に通っている間は、兄妹別園だった、ということですよね?

はい。下の子を上の子と同じ園に確実に入れるためポイントを稼ごうと、下の子は0歳クラスのときにあえて別園に入れて、復職しました。兄妹別園を一人で送迎するのは疲れましたが、意外となんとかなりました。
下の子は、小規模の認可外保育園で0歳クラスを過ごすことができたので、赤ちゃんらしくゆったりと過ごせたり、病気をもらってくることが少なかったり、上の子が通っている大規模認可保育園より先生の数などに余裕があり、手厚く見てもらえて、結果的に子どものために良かったと思っています。

保活の厳しさを色々ご経験されているのですね!兄妹別園で一番大変だったところを教えてください。

とにかく時間がかかるのが大変でした。家からバスと徒歩で20分かけて上の子の園へ送っていき、そこからバスで25分かけて下の子の園へ到着。そこからバスで10分かけて駅まで行って、出勤という長い道のりでした。お迎えは逆に下の子、上の子の順に迎えに行っていましたが、決まったバスに乗れなくて延長保育になってしまったことも数回ありましたし、帰宅が遅くなって、まだ赤ちゃんだった下の子が帰宅後眠くてグズグズということもありました。それでも、なんとかなったポイントとしては下記の5つですね
・下の子の園の立地が一応駅に向かっていたこと
・上の子の園から下の子の園へバス1本で行けたこと
・上の子が通っていた認可外に入れたので、私自身が園の雰囲気やルール、先生に慣れていたこと
・認可外の園は、玄関で子どもと荷物を引き渡す形式だったので、送りに時間がかからなかったこと
・下の子が0歳クラスだったので、抱っこで運ぶことができたので、バスで寝てくれ、タイムロスが少なかったこと

うーん、やっぱり大変ですね………。最初から上のお子さんと同じ認可というのはやはり相当厳しい条件だったのでしょうか?

下の子は年末生まれなので、本当は1歳クラスに入れたかったんです。ただ6枠しかない1歳クラスの枠に、同じ園の子が5人いて………。私が住んでいる市では、認可外での加点も、きょうだい加点も同じく+4点なんですね。そのため、認可外に入れている他の子がうちの園を希望した場合、落ちる可能性もあると考えました。認可外かつきょうだい加点だと+5点になるので、それを狙ったんです。
さらに認可外ということで、復職時期を選ぶことができたのも良かったです。認可だと4月に入園、5月1日までに復帰しなければならないんですが、入ることができた認可外では8月1日での復職とすることができ、いろいろと助かりました。

復職が3ヶ月遅れたのは結構大きかったですか?

はい。下の子は年末生まれで、5月頭復帰となるとまだ4ヶ月。やってやれないことはないと思いますが、授乳がまだ頻繁だったり、夜もまだ起きる時期だったりして、それに仕事も加わるとなると自分の体力がもつか心配でした。それに4ヶ月で入園だと頻繁に体調を崩して仕事にならないのではというのも心配でしたし、最後の赤ちゃん時代を私自身楽しみたいという思いもありました。
たった3ヶ月の差ですが、母乳を一応自分で納得するまでできたこと、離乳食初期を家庭で様子を見ながらゆったり進められたこと、市の赤ちゃんの集まりなどに顔を出し、地域のママたちと交流できたことなど、4月~7月までの3ヶ月にはたくさんの良い思い出があります。

保活ももっとも重要なポイントを熟知されてのご判断だったと思います。これから保活をされる方にアドバイスをいただけますでしょうか?

まず保育園の募集要項を熟読して、自分の持ち点を確認して、そしてその点で入ることができる保育園を役所の窓口に聞きに行くことですね。また認可外保育園については、早いもの順で決まるところもあるので、妊娠がわかった時点でできる限り早く、電話で問い合わせを入れた方がいいと思います。
保育園を選ぶポイントとしては、自宅から近いことだけではなくて、無理なく通える範囲でいろいろな園から選んでもいいんじゃないでしょうか。送り迎え+10分くらいまでが許容範囲かとは思いますが………。そのうえで、入れる見込みがあること、先生の数など法令を守っていることは大前提ですが、経験豊富な先生が居て、環境が整った園があるなら、自宅最寄りの園でなくてもそちらを選ぶのも長い目で見たら良いかとも思います。
私は園見学のときなどに
・ベテランから若い先生までバランス良くいるか。またベテランの先生の勤続年数は長いか
・親へのサービスではなく子どもの育ちを大切にしているか
・食事の内容やおもちゃなど、子供の発育に必要不可欠なところに予算が割かれているか
・行事が多すぎないか?多すぎる場合は先生の負担を確認すること
・見学に行った際だけではなく、近所の公園に散歩に出てきている様子を確認し、先生が支配的なではなく子どもに寄り添った声かけをしているか
といったポイントを中心に確認していました。
またできれば、乳児クラスのときは少人数できめ細やかに、幼児クラスになった際にクラスの人数が増え、多様なお友達と過ごすことができる環境だと理想的かなと思います。

しっかりポイントをおさえて確認されていてすごいです!ぼんやり見学に行っても、どこもよさそうだなーで終わってしまいますし、事前に観点を押さえておくのは大切だと思います。ちなみに「親へのサービスより子どもの育ちを大切にしているか」というのは具体的にどういうことでしょうか?

うまく言えないのですが、保育園は基本的には人手不足です。限られた人手で、たとえば「毎日詳細な保育の様子をブログにアップし、先生が保育中の写真をたくさんとってしょっちゅう販売している」よりも、「ポイントを押さえた連絡帳を書いてくれて必要な場合は相談にのってくれ、写真を撮らずその時間でしっかり子どもの様子を見ながら関わってくれる」方を私は選びたいと考えています。
「ハロウィンパーティーのために子どもたちの衣装を先生が手作りする」というのもTwitterで見かけましたが、確かに親は嬉しいかもしれないけど、それは子どものためなのか?先生が手作りでお揃いを作る意味とは?などなど、サービス過剰な園には検証するポイントがあると思います。
親へのサービスが多い場合、その手間、時間はどこから捻出されているのか?先生が子どもと関わる時間を減らしてその業務を行なっていないか?など踏み込んで検証した方がいいと思います。

保育園の送り迎えはすべてご担当されているとのことですが、夫さんは勤務時間の都合で難しいのでしょうか?

そうなんです。夫は通勤時間が片道1時間半以上あり、朝6時20分には家を出て、帰りは残業なしでも19時くらい。保育園は7時30分から19時30分までで、物理的に無理なので話し合いをする余地すらありませんでした。その代わりとはならないかもしれませんが、雨の日など送り迎えが大変なときに乗ったタクシー代は夫が持つことになっています。我が家は費目担当制の別会計なので。

なるほど。家事も平日はほぼワンオペということですが、家事のバランスはどうされていらっしゃいますか?

平日は最低限の掃除や片付けしかしてくれないのですが、土日の私の出勤日は夫が一人で家事、育児を担当してくれているので、おあいこかなというところですね。
ただこの夏、家事育児の負担が私の中で限界を迎えたので、もっと早く帰ってきて、子どもたちのお風呂か食事のどちらかを2人でみられるようにしてほしいと強く訴えました。しばらくは19時30分の帰宅を原則としてもらい、私が洗濯物を干している間に、子どもに絵本を読んでくれる、私が下の子を寝かしつけている間に、上の子と部屋の片付けをするなど協力してくれたので助かりました。食事づくりや洗濯物は基本私なんですけどね。

夫さんもワンオペを経験してもらうと理解度が違うんじゃないかと思います!土日の出勤を終えて戻ったときの家の様子はどのような感じですか?

結婚前から料理以外の家事は何でもする人だったので、朝洗濯をして、子どもたちを遊びに連れて行って、午後は帰ってきて片付けと色々やってくれています。2人目が生まれてからは料理もするようになりました!まだ時間はかかるようなので、お昼は私がチャーハンやオムライスなど朝簡単なものを作っておき、夜ご飯をゆっくり作ってもらうようにしています。帰宅して、部屋が死ぬほど汚いときもありますが、1人で子ども2人の面倒を見ていれば仕方のないことなので、そこはみんなで片付けています。土日出勤時の夫には不満はないですが、強いて言うならアクティブに外出しているので、子どもたちが疲れて体調を崩さないか心配という点くらいでしょうか。

仕事と育児の両立のために、必須のサービスやアイテムがあったら教えてください!

イトーヨーカドーのネットスーパー、食洗機、ルーロ、電動自動車、自治体の病児保育ですね。

いろいろと活用されてますね。ルーロの使い勝手はいかがでしょうか?

ルーロでもルンバでもいいと思うのですが、やはり掃除を代わりにやってくれるロボットは便利です。リビングはおもちゃだらけなので、毎日は活躍しませんが、片づけたら寝る前にセットして寝たり、大人の生活スペースは床に物を置かないようにして、頻繁にルーロをかけたりして、掃除をラクしています。

Q.病児保育も使っていらっしゃるとのことですが、予約しやすさや感想を教えていただけないでしょうか?

インターネットで24時間予約ができ、キャンセル待ちもできるので便利です。クリニックに併設されているので、前日の受診が不要なところ、朝は7時30分からやっていて、駅近の立地なのも使いやすいですね。
実は病児保育は2カ所あって、もう1カ所の方が自宅には近いのですが、前日までにかかりつけを受診して必要な書類を発行してもらってから預けなければならず、使い勝手が悪くて利用していません。
いつもお願いしているところならば、夜に発熱しても、次の日の予約を取り、7時30分に併設のクリニックを受診してそのまま預ければ、定時に出勤できます。予約開始時間直後に予約を入れれば間違いなく取れ、預ける予定の日の朝8時半までにキャンセルをすればキャンセル料がかからないので、「絶対に休めない日だけど、子どもの体調が怪しい」というときにはこのテクニックも駆使しています。予約が取れないこともありますけどね。
上の子は0~1歳クラスのころは2ヶ月に1回くらいの頻度で使っていました。2歳クラスにあがったころから、「いつもと違うところは嫌」と嫌がるようになってしまいましたが、病気をすること自体が少なくなったので、使わなくてもいいようになっています。また下の子は嫌がらず楽しく通えていますし、丈夫なほうなので、あまりお世話にはなっていないです。冬にかけては利用頻度も上がっていくかと思います。




このインタビューに似た体験をしたことがありますか??
体験談を投稿する!

スポンサーリンク