Loading...

ヒロさん

滋賀県 / 20代後半 / 自分・妻・息子(1歳) / 教員 / 正社員
2020-06-10
記事作成日:2020-05-23

仕事について

before

高校教員
正社員
8:30~17:00 ※時間外労働月100時間

after

高校教員
正社員
8:30~17:00 ※時間外労働月40時間(見込)

スポンサーリンク

お仕事について教えてください。

高校で教員をしています。授業のほかに部活動の顧問もしているため、土日の部活動も含めるとかなりの時間外労働になります。部活の練習は、平日は週1で休み、休日は2週間に1日くらい休みがありますが、大会や練習試合は1日がかりのため、それらがある月は土日だけで月40時間くらいの時間外労働になります。今いる高校は大学進学を目指す生徒が多いため、授業外の進学補習や生徒との進路面談、教科担当としての面談、添削指導などもしています。成績を伸ばすために放課後に小テストを積み重ねていることもあり、その対応もしなければなりません。
これらとは別に、学校の「分掌事務」と呼ばれる仕事があります。たとえば教務課に所属する場合は時間割作成や、先生の出張や年休にかかわる時間割変更、生徒と教師へその変更を知らせる掲示、テスト監督の時間割やテスト返却時間割、学期はじめや終わりの特別時間割も作成します。さらに、考査問題の管理や学校全体の成績処理、教科書・副教材の選定・発注・配布、それにかかわる県への書類提出などもあり仕事量はかなり多いです。また生徒がもらう奨学金には、いろいろな財団や企業が出しているものがありますが、事務作業がかなり膨大で、生徒の家庭の家計状況などの個人情報もたくさん扱うため、気をつかいます。ほかにも教育実習受け入れの手続きや指導もありますし、その関係で大学との書類のやり取りもしています。最近は、生徒や教師がもつパソコンやタブレットの管理やアップデート作業、生徒のアカウント作成・管理、教室に設置されているプロジェクターの管理などの作業も増えてきており、専門的な知識がなくても担当になることがあって、負担は増しています。これらをうちの学校では4人の教員でおこなっています。教務課以外にも、生徒指導課、進路指導課、保険人権課などいろんな分掌があり、それぞれ事務作業を担当します。このように、生徒への授業や担任と関係ない仕事の量が多く、平日は時間外まで働くことが当たり前のようになっています。

かなりの仕事量ですね。言われてみれば確かに……と思うのですが、生徒の立場だったときは気づかなかったことが多いです。職場の雰囲気はいかがでしょうか?

たいていの人が育児との両立を応援してくれて、年休も取りやすく、働きやすい雰囲気の職場です。お子さんがいらっしゃる先生も多いですが、帰るのが遅い先生が多いように思います。「生徒のため」という気持ちが強くて、なかなか業務の精選につながりにくい職種だと言われることも多いです。私は、この学校では初めてとなる男性育休を取得していますが、特に若い男性の先生は担任をもっていることが多く、早く帰ったり、育休をとったりということはあまりなさそうです……。たとえ担任をもっていても、産褥期くらいは育休が取れる雰囲気になればいいのになと思います。

育休についても詳しく教えてください。学校は一般的な企業とは事情が違うイメージがありますが、スムーズにとれましたか?

他校の同期や、前にいた学校の同僚などに、1年間育児休業をとっていた男性の教員がいたので、私もその権利を使って子どもの小さいころの育児にかかわりたいなと思う気持ちが自然と生まれていました。息子が生後10ヶ月になる9月から1月まで取得する予定にし、妻は11月から復職をしました。しかし保育園に4月からしか入れなかったため、結局3月までの7ヶ月間、育休をとることになりました。息子が産まれた直後から、教頭先生や校長先生に「来年度9月から育休をとります」と宣言し、育休をとる10ヶ月くらい前から後任の先生を探していただいたので、育休に入る半年前にはもう後任が決まっていました。同僚の先生方には育休を取ることを普通に受け入れていただきました。分掌事務も私1人にしかわからないことがないよう、4月からみんなで共有していましたし、後任の先生にも必要事項を引き継いで、スムーズにあとをお任せできました。授業を担当していた生徒には年度はじめから予告し、途中で指導する教員が変わっても対応できるように、勉強の方法を丁寧に指示しておきました。保護者からの苦情などもなかったと思います。生徒には、男性が育休をとることが当たり前になっていくという事例を実際に見てもらえて、価値観の変容につながったかもしれません。それも教育の一部ではないかと考えています。

育休中はどのように過ごされましたか?

息子が寝ている間に極力家事を終わらせようと、大人の食事用意や洗濯、洗い物、掃除などを効率よくする方法を常に考えていました。ただ、どうしてもその間に終わらないことがあって、息子を一人で遊ばせたりテレビを見せたりしている間にやったりもしていました。家事をきちんとこなすことと息子を一人で放置しないことのバランスが難しかったです。妻が育休のときより、息子が一人で過ごす時間を多くしてしまったのではないか、あとから息子に悪い影響が出てしまうのではないかと不安になることも多かったので、できるだけ地域の子育て支援センターなどに連れて行って、そこの職員さんやほかのお母さんたちとお話したり、相談したりしながら過ごしていました。ほかのお父さん方とのつながりを作るのは難しかったですが、Twitterでお父さんたちとつながりながら、励まされ、刺激を受けながら過ごしました。

4月からの復職の際には働き方は変わりそうでしょうか?

復職にあたって「育児部分休業」を使って勤務時間を30分短くしようと思っていたのですが、これだと給料が減ってしまうというデメリットがありました。職場で、時間単位で取得できる「育児休暇」の存在を教えてもらい、4月からはこちらの育児休暇を毎日取得し、平日は本来8時半から17時まで(45分休憩)で7時間45分勤務のところ、16時15分に帰るようにしています。この場合は給料が減りません。また、4月から働くにあたって、平日は学校での残業を一切しないことにしました。持ち帰り仕事20時間と休日の部活動20時間で月の時間外労働を40時間くらいに収めたい、という気持ちでいます。平日の残業をなくすために、校長先生に担任業務から外してもらうようにお願いしておきました。担任は放課後の面談などがあり、対応できないと満足に指導できなくなりますから、当然のことだと思っています。自分のキャリアにはもちろん影響がありますが、長い教師人生の一時期を、担任外の仕事に充ててその間は早く帰る、また余裕が出たらやりがいのある担任を希望する、と考えているのでその影響も前向きにとらえています。
また、時間内にできそうにない分掌事務の仕事は引き受けないことにしました。ほかの先生方にしわ寄せがいってしまいますが、今後、業務内容の精選と効率化につとめたいと思っています。部活動はもう一人の顧問や外部指導者と分担することになったので以前よりは減らせそうです。ただ、実際は新型コロナウイルスによる影響で、4月と5月は休校となりました。

休校中はどう対応されていますか?

緊急事態宣言以降は息子の保育園も登園自粛となり、妻は在宅勤務をしていて時間中は育児できないので、私が特別休暇を取得して家で息子の面倒を見ています。とはいえ、実態としては「生徒のため」に自宅で仕事をしています。仕事は息子の昼寝中や就寝後にするか、妻に少し息子を見てもらって対応しています。私の担当科目については、新しい範囲を各自で自習するように指示を出しており、その範囲の問題集の解説動画を全部で80問分撮影しました。この動画は学校内限定のWebサイトにあげて、生徒が自分の持っている端末で自由に見られるようになっており、かなりの生徒がきちんと見てくれているようです。また、定期的に生徒にアンケートフォームを送信し、学習実態の把握に努めています。休校延長が決まってからは、ビデオ通話による教科面談を生徒全員と行いました。勉強の時間や方法についての話や、分からない問題の質問への回答などを、顔を見ながらできるので非常に便利です。あとは、生徒が受験した校外模試の解説動画も撮影しました。これらの対応について生徒たちからは、「自分のペースで学習を進められて、分からない問題も解説動画や質問で解決できている」とおおむね好評です。

休校対応も大変です……!お子さんの体調不良などでお休みすることもあるかと思いますが、お休みする際はどう対応されるのでしょうか?

時間割を変更し、ほかの先生に違う科目をしてもらったり、用意しておいた自習教材をさせたりします。自習のときには授業が少なめの先生に監督を依頼します。

お仕事の悩みなどがあれば教えてください。

公立学校教員という特殊な立場上、仕方のないことですが、平日の残業には残業代が出ないにもかかわらず、遅くまで学校に残って生徒のために仕事をするのが当然という考え方の同僚が多いです。また、休日である土日祝にも安い手当で部活動の指導をする必要があり、勤務時間が多いのは単純に大変です。私自身もこれから考えているとおりに勤務時間を減らした働き方ができるか不安ですが、「私は残業しない」という意思をきちんと示しながら、周りに迷惑がかからないよう工夫して働きたいと思います。

スポンサーリンク

生活について


タイムスケジュール

6:00
起床
6:30
朝食を食べさせる
7:10
出勤
7:45
妻が保育園送りの後出勤
8:20
勤務開始
16:30
勤務終了
17:50
保育園迎え
18:00
買い物、食事準備
18:30
風呂、夕食
18:40
妻帰宅
21:00
寝かしつけ
22:00
次の日の用意
23:00
就寝

保育園までの距離、送り迎えの担当を教えてください。

4月から認可の小規模保育園に入園しました。家から徒歩10分程度のところです。送り迎えはもとから分担しようと考えていて、私の仕事は勤務時間の最初に打ち合わせがあって送りが難しいことから、妻が送り、私が迎えを担当します。妻は勤務時間を少し後ろにズラして働いています。

保活はいかがでしたか?

私が住んでいる自治体は、前の市長さんが熱心に待機児童ゼロに取り組んでいたので、それほど大変ではありませんでした。1歳児の4月入園でも、保育園を選り好みしなければどこかに入れる状況だったと思います。うちは第1希望にしていた古くからある保育園は点数的には当落線上でしたが、1月まで育休を取得して、1月からの入園希望として申し込みをしていたため、待機児童の期間が3ヶ月と短くて入れず、第2希望の保育園に入れました。

家事の分担はどうされていますか?

平日は先に帰る自分が多めに担当し、休日は妻が多めに担当しています。育休の間に、2人とも「名もなき家事」を含めて全部の家事ができるようになったので、そのなかから各自得意なことを選んでやっている感じです。「僕はこれをするから、そっちをお願い」みたいな感じでうまいこと回っています。あとは、家電などを活用して、できる限り家事を減らせるように工夫しています。

仕事と育児を両立するにあたって、必須のアイテムやサービスがあったら教えてください。

4月からの仕事復帰に向けて、ドラム式洗濯乾燥機、食洗機、スチームオーブンレンジ、ホットクック、ノンアイロンシャツなどを買いました。これで家事の時間が大幅に減ったと思います。今のところは物への投資だけで家事代行などのサービスには手を出さず、なんとか自分たちだけで頑張っています。




このインタビューに似た体験をしたことがありますか??
体験談を投稿する!

スポンサーリンク