アンケート

小学生の夏休み●親の働き方はいつものままで大丈夫?宿題はどうした?●アンケート結果レポート<後編>

小学生の夏休み●親の仕事はどうした?宿題は?●アンケート結果後編

4. 大変だったこと、乗り切る工夫……来年の自分、だれかへのメッセージ!

最後に、皆様からいただいたメッセージを紹介します!

4-1. 工夫・アドバイス

お弁当・昼食の用意

  • お弁当がしんどかった。手抜きできる材料やおかずネタを複数用意するとラク。ずっとお弁当が続くと辛いので、前半に帰省で4日、お盆近辺に旅行で9日間休みを入れて乗り切りました。合間に適宜お弁当作らなくてよい期間を入れるのはおススメです!
  • とにかく毎日のお弁当が大変でした。傷まないような食材を選んだり、保冷剤を入れたり、副菜系を大量に作って、お弁当にすぐ入れられるよう紙カップに入れた状態でたくさん冷凍しておいたことが工夫です。冷凍枝豆は何もせずそのまま詰められるので役に立ちました
  • お弁当はサーモスの三段保温弁当のジャーを使い、麺、つゆ、おかず、が定番。こんにゃくゼリーを保冷剤代わりに
  • 具だくさん味噌汁とおにぎりで昼ごはんは乗り切れる!
  • お弁当に関しては週末作り置きでなんとかなります
  • お弁当は仕出しが手配できないか市に掛け合ってみるのもありかも
  • お弁当は米+ウインナー(orハム)、卵焼き、冷食、枝豆と決めていたので悩まずできました。何もないときは菓子パン持たせました
  • 横浜市は公立中学校が弁当持参なので公立派なら中学校の毎日の練習をしてると思いましょう
  • 弁当に入れる冷凍食品がことごとく外れたので、事前に食べられる冷食の、レパートリーを広げておくとよい
  • 冷凍食品活用・週2くらいはスーパーで買ったパンを持たせる(もっとパンの日があってもよかったかも。パンの日喜んでたので)
  • やはりお昼が大変!でも大きくなると、お弁当だけでなく、お友だちとファーストフードやコンビニへいったり、冷凍食品で好きなものを食べるようになりますよ!栄養バランスは朝食と夕飯で整えればいいんです!(笑)

宿題・スケジュール管理

  • 宿題はチェックポイントごとにお楽しみくじ引き
  • 学童でやってくる宿題やワークの答え合わせをさっさとやってあげてモチベーションあげとく
  • スケジュール調整については早めに見通しを立てる必要があります!
  • 2人分の宿題を管理するのは大変。毎日するものと大物を分けて、見える化した仕組みを作る。スケジュールを組むときは大物を仕上げる日(予備日)も考えておく
  • 一瞬でできるはずのドリルを「毎日一つずつやらなくちゃいけないんだよ!先生がそう言ってた!」と頑なだった夏休みスタート。毎日の一行日記、歯磨きカレンダーもあるので結果、やはり負担になったので、ある程度親がコントロールして「毎日面倒くさい」と思わないですむ工夫が必要でした
  • 宿題は気長に、最悪終わらなくてもそのまま持って行かせるくらいの気持ち
  • 低学年の宿題はほぼ親の宿題だと思っていいです。頑張りましょう
  • 親の手先の時間確保。我が家の場合は親のスケジュールも合わせて可視化したのが効きました。(一緒に宿題できるのは40日ではなく、10日程度しかないと説明)やれば終わる(はず)!
  • 子どもと夏休みの宿題プランを共有するため、進捗を可視化したグラフを作りました。自身でどのペースでやれば間に合うか把握させるのはそこそこ上手くいきました
  • 宿題チャレンジスタンプカードを作りました。プリント1枚、音読1回などやったらスタンプ1こ押せて、10こたまるごとに100均ですきなものをひとつ買えるルールにしました。宿題の他に大変だったことは、何といっても学童のお弁当作りです

親の働き方、休み方

  • 夫と夏休みの期間をバラすのはオススメです。(家族旅行だけかぶせる)子供は長く休めるし、夫の夏休み中私は残業できて帰宅すると晩御飯ができている!助かります
  • 週5日勤務ではなく、もう1日くらい休みがあればやりくりして乗り切れたかなと思います。今年は宿題と本人のフォローが全然足りずに完敗でした。この反省を元に夫婦で働き方についてすり合わせをしたいところです
  • ワーママさんには長期休みの対応はなかなか難しいかと思います。バリバリ稼げている正社員でないのなら、思い切って辞めてしまうのもテですね。外注にも限界がありますし、民間の学童やその他のサービスに頼るにしても費用がバカになりませんので
  • 夏休みを夫婦で分けて取ったのがとても良かったと思います。父子帰省を行ったおかげで、私も平日夜自由になる日ができてリフレッシュになりました
  • 子供が学童嫌いなので、夏休みは週に1回は事前に有給を入れておいて、子供と過ごした

その他

  • 祖母を最大限に頼る!
  • 公立学童も暑い時期は外遊びさせられずビデオ1日2本上映したりと退屈なことが多いので、夏休みだけでも民間学童をスポットで入れてみるなどの工夫が必要です。公文も7月後半から体験学習を毎年してるので、勉強習慣づけを維持するのと通うかどうかのトライアルにはちょうど良いです。なんとかなります
  • お弁当作り、朝顔やカブトムシのお世話、宿題の管理等やることが増える上に「どこか遊びに連れて行かなきゃ」という焦りを感じます。可能ならお仕事の量は調整した方がいいです
  • 面倒なことは外部委託!自由研究は本人の好きなこと。あまり良いものを出そうと親が意気込むと辛いので、子供がやってみたいもの、なければ、コレができそう、なものを無理せずやることでしょうか
  • 夏休みは親がどれだけ楽をするかにかかっていると思います。ちゃんとやらなきゃは一旦捨てて、親も子ものんびり過ごせたらいいですね!そのためにも、ネットにあるものを信用しすぎず(私はできてない…と比べない)ご自身やお子さんのペースで乗り切りましょうねー!
  • サマーキャンプは5月から募集がありますが、人気のものは即日完売。早めの情報収集と予算編成がカギです!イベントや帰省を組み合わせれば夏休みはあっという間!どうかお子様共々楽しんでほしいです!

4-2. 感想

大変だった

  • 小1で宿題は自主性求めても限界があった、、
  • 家がどんどん汚くなっていくのがつらい
  • 毎日のお弁当。来年は第2子の分も…せっかくの夏休みなので「夏休み楽しかった!」という気持ちで終わって欲しいという自分の気持ちがあり、自分で自分にプレッシャーをかけてしまいしんどかった
  • とにかく疲れた、おじいちゃんおばあちゃんを頼れる家庭がうらやましい
  • 幼稚園の預かり保育時代から六年目の夏休み、まったく乗り切れないままです。いつもは確保できるコーヒーを飲む数分すらありません。毎年宿題は増え、子どもの自我は成長し強くなり、自立して楽な部分より大変な部分の方が大きいです

なんとかなる

  • 3年生になるとだいぶ自分でできるようになるという実感を得られた夏休みでした。1〜2年生のうちは生き延びよう!
  • 思っていたよりも乗り切れるので、心配しすぎないで!弁当も手抜きでいいし、無理せずにー!
  • 学童ばかりで飽きるかなと思いましたが、プールすごく楽しんだみたいで、夏満喫してましたよー!
  • 意外に合っという間に過ぎます。学童好きなのが大きいかな…学童で週1イベント(小さいのでは小学校のプール・BBQ・流しそうめん、大きいのでは工場見学や人形劇鑑賞)+昼食作りがあったので、お弁当は週3くらいでそこまで負担ではありませんでした。学童様様です
  • 私は夏休み楽しかったです!ひとえに会社の理解が大きい気がします。みんなにとって夏休みになるよう、できるときにできる人が工夫して休めるたいせい作り、チーム内でも作ることが大事と思います!
  • なんとかなります。なりますように。どこかへ出かけても食べたものしか覚えてなかったりするので、レジャーは必須ではないし、ゆっくり一緒に過ごす時間がいつもより少しでも多く取れたら万々歳かな、と思います
  • 思ったよりもなんとかなりました!特にお弁当が30日間もあり、気が遠くなりそうでしたが、冷凍食品に頼りまくってなんとか短時間でできるようになりました。やってみるまで不安でしたが、ハードルを上げすぎずやれる範囲で頑張ることで乗り切れました

今後の心配、不安

  • 学童は中で遊ばせてくれるだけでプールもないし外遊びも猛暑で中止、教室にいて部屋遊びをしているだけでつまらないと言ってたのでとりあえず今年は我慢して行ってもらったけど、ある程度大きくなったら学童行きたくないって言うかも
  • 今年はがっつり学童に行ってもらいましたが、いつ行きたくないと言いだすか常に心配しています
  • 学童には非常にお世話になっている。学童のおかげで通常通り仕事ができた。来年は3年生で、学童に入れるかどうか分からないのでとても不安
  • 2時までのパート勤務だからこそできたこと。基本は近所の友達と2人で過ごした。(子ども、親同士ともに仲が良い)それでもとても心配な毎日だった。親の休みはひたすら宿題に追われていた。来年度以降は夏休みは休める仕事に変わるか悩んでいる

その他

  • 今年は祖母に頼りっぱなしだったので、来年はサマースクールなど検討しています。なにかいい案があったら知りたいです
  • 今年は猛暑だったので、エアコン付けっ放しなのがきつかった。防犯上網戸禁止にしたので仕方ない
  • 個人的な気持ちですが、夏休みだからとあまり特別なことをやろうとすると生活リズムが崩れたり、子供がどこかに遊びに行くのが当たり前になるので平日はなるべく普段通りに過ごした。その代わり、平日夜に外食に行ったり週末に夏らしいことをした。お弁当が大変だったが、冷凍食品で乗りきった。子供たちは普段食べない冷凍食品を結構楽しんでくれたので良かった
  • ずっと子どもと一緒なので、イライラするときがありました。あと現在妊娠中なので、体力的につらかったです
  • 来年はデイサービスを利用します。夏休みの宿題をアウトソーシングしたりイベントを利用しようとすると、自由研究のネタだとか工作のお手伝いばっかり。そうでなくて日々のドリルを毎日短時間大学生や育児を終えた方などに見てもらえるようなサービスがもっとあったらいいのに!あるにはあるけど少ないぞ!近所にないならわたしが立ち上げるぞ!という気持ちです
  • 小1の時は会社員だったので、夏休みの過ごし方は苦労した。色んな体験もさせたくて、夏だけ、キッズデュオにいかせたりもしたし。おばあちゃんと一緒に、大祖母の家へ数日泊まりにいってもらったりもした。フリーランスになって、夏に子供と過ごす時間が増やせたのは私的にもとても嬉しかった。高学年になったら、子供だけでいけるキャンプなどにもいかせて、自立を促したいなと思う
  • 在宅勤務で少しペースを落として働こうと思っていたのに、なんだかんだ仕事が忙しくて、結局仕事も家も大変、みたいな状況に陥りました。ただ、子どもが夏休みを家で過ごすパターンを経験できて、来年以降は少しずつ「ずっと一人で家で過ごせる」ことを目指す練習期間として良かったかなと思います。子どもだけで参加するサマーキャンプ(4泊5日)にも初めて参加して、一回り成長したかも。学童行かない、というときのために、一人で行動することに少しずつ慣れておくのもいいかもしれません
  • 我が家の2年生5年生兄弟は、週2〜3回、半日程度の留守番可能。お昼を用意しておき、キッズ携帯で連絡とれるようにしておきました。2人で結構自由に、楽しくやってたみたいです。但し、ゲーム漬けにならないよう、見守り機能なども使用。それでも、工作したり、カードゲームボードゲームなど、色々遊べていました。外遊びはどうしても少なくなりがちでしたが…

4-3. エール

  • 学童に行きたがらなくなってからが勝負です!!!!
  • 気合いだー!
  • 頑張ればなんとかなる!
  • 1年生は大変ですが、子供はすぐに成長します。頑張って!!
  • 親も夏休みを楽しもう!
  • 今年の苦しみを思い出して、楽しみを用意して、早めに終わらせて夏休みを満喫して!!!
  • 来年の私へ:宿題かどうかわからない曖昧なものは切り捨て御免で!週一でいいから午後半休取れ。あと5:30には起きて

5. まとめ

みなさん、たくさんの回答ありがとうございました。いろいろ工夫や調整をして、夏休みを乗り切ってきた様子がひしひしと伝わってきます。実体験にがっしりと結びついたコメントたちは本当に参考になります。

お弁当・お昼ご飯問題から、宿題、学童、親の仕事の状況までさまざまな事情を踏まえつつ、どうにかしなければならない夏休み。手を抜けるところは抜きつつ、親も子どもも楽しく過ごせるのがベストのはず。次の夏休みが、皆さんにとっても楽しいものとなりますようにー!

記事一覧へ戻る