内閣府ベビーシッター割引券を使ってみた!頼んでどうだった?実際かかった費用は?

先日のアンケート(緊急事態宣言を受けた働く子育て家庭のリアル)でも緊急事態宣言を受けた休校・休園の影響でみなさん悩みながら生活をしていることが明らかになりました。

そんな5月半ば、and-fam運営メンバーの1人 はるか(@haru9191221)のストレスが限界に……。
3歳の娘と夫と3人で引き込もって暮らすようになってから約2ヶ月。
最初のうちは大好きなしまじろうのアニメをたくさん見ることができて自粛生活を満喫していた娘でしたが、さすがに飽きてきたようで構って欲しいとせがんでくることが増えてきました。
電話やWeb会議の最中に大声を出したり、急いで用意しないといけない資料を作っている最中に延々と話しかけてきたり……。
なかなか仕事が思うように進まず、つい娘に強く当たってしまうこともしばしばありました。

そのなかで夫がシッターさん呼んでみようかと一言。
同じ家の中にいて遊べるんだろうか?とはじめはあまり興味を持たなかった私ですが、会社から助成金の制度の連絡があったこと、本格的にプレゼン資料を作る必要があったことでお願いする決意をしました。
つい前置きが長くなりましたが、その助成金の制度と実際当日使ってみてどうだったのかをレポートします!

スポンサーリンク

1.内閣府ベビーシッター割引券とは?

企業主導型ベビーシッター利用者支援事業におけるベビーシッター補助について

自分に関係あるのか見当もつかないこの制度を利用させていただいて今回シッターさんを依頼しました。

もともと子育て支援の一貫として補助金を出していた制度を、今回の休校・休園または登校・登園自粛要請を受けてベビーシッターを利用する人に対象者を広げて補助してくれるものです。

補助を受けるに当たっては、

  1. 利用者自身が割引券の使用条件を満たしていること
  2. 勤務している企業がベビーシッター派遣事業の利用を申し込んでいること

の2点が必要となります。
※フリーランスや個人事業主の型も同じような制度があるようです
また割引券利用が可能なベビーシッター事業者が決まっていますので、そこを利用することも必須条件です!

2,200円単位という少し使いづらい割引券ではありますが、なにかとお金がかかっているこのタイミングではありがたいお話ですし、せっかく会社が導入してくれたので今回使ってみることにしました!

2.ベビーシッターマッチングサイトに登録

はじめてのシッターさんをキッズラインでお願いすることにしました。(会社からキッズラインの紹介ページが案内されたので、キッズラインでないと割引できないと思い込んでいました。きちんとこちらを確認すると対象のベビーシッター企業さんが一覧で掲載されておりました!!)

早速マッチングの検索をしてみると、意外と条件にぴったり合う方は見つからず、なにを決め手に選べばいいのかわからなくなってしまい検索疲れをおこしました(笑)。
利用日や予算を明確に決めていなかったのですが、こちらをはっきりさせると自然とシッターさんが絞れてくると思います。

いざシッターさんを選んでお願いしようとしたところで気付きましたが、予約するには利用者側の利用登録・審査が必要です。
本人確認書類のアップロード、ならびに審査があってすぐには予約ができないので、利用を決めている場合はシッターさんを検索する前に利用登録をすることをおすすめいたします。
利用希望者が多いのでしょう、登録に少し時間がかかりました。
私の場合は4時間ほどかかって承認の連絡が入りました。

登録完了後、やっぱり決めきれない!と思った私は、最終的に募集をかけるという方法を取りました。
希望の日時や予算の設定を行った上で、シッターさん側にアプローチをお願いする方法です。

こちらで最初にご連絡をいただいた方とやりとりを重ね、当初は登録の翌々日予定をしていたのですが、1日早い登録翌日にお願いすることができました!決定したのは前日の23時でした。

3.当日の様子

シッターさんに伝えたことは以下です。

  • 14:30〜17:30 の3時間 自宅での部屋遊び・おやつ補助をお願いしたい
  • 両親ともに在宅勤務中のシッティング
  • 遊んでくれない両親にストレスを感じているようなので、思いっきり遊んであげてほしい
  • 歌やダンス、お絵描き、ごっこ遊びが好き

娘にも午前中のうちに、「今日は思いきり一緒に遊んでくれる先生が来てくれるよ!」とキッズラインに掲載されている写真を見せて説明をしました。

手洗いうがいを済まされたシッターさんに簡単に引き継ぎを行い、シッティングの開始です。
確認したことは、平熱、用意したおやつ、飲み物、音楽をかけても問題ないか、おもちゃや絵本、文房具の確認、在宅中なのでなにかあれば声をかけても問題ないかということでした。
スムーズにおもちゃに誘導してくれ、すんなりと仕事部屋に移動することができました。
それからもたくさん話して、遊んでいる娘の声が聞こえてくるので、安心して仕事ができました。
3時間のうち、声をかけられたのはトイレに行く際に濡れてしまった着替えの確認のみでした。
終了時間で部屋に戻り、簡単な報告を受け終了となりました。
1時間後には詳細はシッティング中の様子を書いた報告書も受け取り、驚くほどスムーズにシッターデビューが終わりました。

スポンサーリンク

子どもに邪魔されないということはもちろん大きかったのですが、なんとしてもこの3時間を有意義なものにしなければという使命感で、仕事に集中できました。
さらにシッターさんと別れて、まだ興奮状態で遊び回っている娘にも余裕をもって接することができ、楽しく遊ぶ時間を久しぶりに持てたように思います。(夕飯にお総菜を買っていたことも大きい)

娘にとっても、仕事の合間遊ぶのと違い、大きな満足感があったようで、親子共々必要な時間を過ごすことができました。

また今回の費用については以下となりました。

(A)キッズラインへの仕払い :6,546円
-内訳-
基本料金3時間 :4,500円
キッズライン手数料 :990円
交通費 :1,056円

(B)割引券2枚 :4,400円

最終自己負担金額
(A)6,546円 ー (B)4,400円 = 2,146円

まだ割引券が到着していないので、いったん合計金額を支払い、後日割引券をキッズラインに郵送し、助成金分を返金してもらいます。なお返金には手数料かかるようです。キッズラインの場合は、三井住友銀行の口座だと手数料が安いようです。
交通費には助成金を使えないこと、助成金は2,200円/1枚のチケット制度でチケットの金額を超えて利用する必要があります。
ここをもう少し考えれば自己負担額は抑えられたかと思います。
割引券の郵送など面倒なこともありますが、このような制度がなければシッターさんをお願いしようとは決して思わなかったと思うので、本当に助かりました。私としては大満足です。

4.最後に

もう緊急事態宣言も解除となっている県が多いタイミングでもありますが、なにか変えたい、息苦しいという気持ちになっていらっしゃる方に1つの手段として使えたよ!ということがお伝えできれば嬉しいです。
福利厚生や幼保無償化での補助もあるようです。
安心感も得られると思いますし、ベビーシッターの割引使えるかなと確認しておくといざというときに頼りになるのではないでしょうか。

コメント

  1. air jordan より:

    I am also commenting to let you know what a beneficial experience our daughter went through using yuor web blog. She mastered a lot of pieces, with the inclusion of what it is like to have a wonderful giving nature to let other individuals smoothly gain knowledge of several problematic things. You truly surpassed our own desires. I appreciate you for coming up with these good, trusted, explanatory and also fun thoughts on that topic to Tanya.

タイトルとURLをコピーしました