レポート

年中4歳児と初めてキッザニアへ!初心者が効率よく楽しむコツをまとめました

こんにちは、and-fam運営メンバーのシパ子(@shibashipako)です。

コロナ禍でこの夏はどこへも行かなかったので、近場でいいから子どもをちょっとどこかへ連れて行きたいな〜と子旅シェアと眺めていたとき、 はるかさんのキッザニア旅行が目にとまり、ありがたくコピらせていただきました!
というわけで、11月平日に有休をとり、子ども(年中)と私のふたりでキッザニアへ行ってきましたのでレポです。

※2021年11月の記録です。

1. キッザニアとは

ご存知の方も多いと思いますが、ざっくり言うと「子どもが仕事やサービスを体験をしながら遊べる屋内施設」です。
東京と兵庫にあります。今回私が行ったのは豊洲にあるキッザニア東京。
キッザニア公式サイト

2. キッザニアの入場システム

(2021年11月コロナ禍でのルールです。時期によって変更になっている可能性があります)

2-1. 入場について

予約が必要です。
キッザニアは一部(9~15時)と二部(16~21時)の入れ替え制なので、公式HPから来場したい日の一部or二部を予約します。(複数プランがあるので詳しくは公式サイトをご覧ください)
私が予約した二部は入場前、15:30までに整理券をもらわなければならないとのこと。(時間をすぎてから入場も可能です)
14時頃整理券をもらいに行くとこんなものを渡されます。

キッザニアのあるららぽーと豊洲1ノースポート3階に順番待ちの場所をしめすアルファベットと数字の紙が貼られており、これは15:20にC-25に来てねということ。
(ちなみに集合場所「オリンピア前」と書かれていますが、Cの先頭がオリンピアというお店の前になるという意味で、C-25は全然違うお店の前だったので少し混乱しました)

3. キッザニア初心者の楽しみ方

事前準備を全くせず入場したので、はじめはいったいどこに行って何をすれば良いか分からず迷子状態になってしまいました。
個人的に「これを知っておけば初めての来館でも楽しめる!」と思ったコツをまとめました。

3-1. 事前準備

3-1-1. キッゾとJOBスケジュールカードを入れるものを用意しておく

公式サイトにて「体験で作ったものなどを入れるバッグがあると便利」と書かれていたため子どものリュックを用意したのですが、
我が家含めて周りの未就学児をつれた親子を見た感じだと、結局物は保護者が管理することになるなぁと思いました。(持ってきたリュックも使わずでした)
キッザニアでアクティビティ予約のために使う「JOBスケジュールカード」、子どもがアクティビティ後にもらってくる通貨「キッゾ」は出し入れの頻度が高く、必要なときにカバンの中をガサゴソ探すのが結構面倒だったので、さっと出し入れできるポーチのようなものを持っていればよかったなぁと思いました。(これ用のグッズがキッザニアにて販売されているので現地で購入するのもよいと思います)

3-1-2. 公式アプリを入れておく

キッザニア公式アプリ
当日活用しましたので入場前にインストールをおすすめします!

3-2. アプリで予約できるアクティビティを調べる

アプリの「空き状況」を開くと、今から予約できるアクティビティが時間の近い順に表示されます。

特に狙っているアクティビティがなければ、すぐに予約できるものの中から子どもに選んでもらうと時間のロスを減らせます。 ちなみにこの画面、パスワードがないと表示できません。パスワードはこんな感じで館内の案内板に表示されています。 (あまり広くないので少しウロウロすればすぐに見つかります)

各アクティビティの前にも予約時間が出ています。
一部身長制限のあるアクティビティもありました。

3-3. 場所は聞いちゃう

アプリに館内の地図がありますが、初心者にはいまいちわかりづらいので私はスタッフさんに都度場所を聞きました。あと5分で予約締切のアクティビティに行きたい!ということもあるので、地図を見て悩むよりさくっと聞いてしまうほうがスムーズです。
(キッザニアは子ども主体の施設ということでなるべく子どもに聞かせました)

4. キッザニアでこんなことしました

15:30入場、20:00退館したので滞在時間4時間半で、アクティビティは5つ体験できました。21:00の閉館までいればあと1~2つできたと思います。
キッザニアのアクティビティはひとつ30~60分くらいなので、移動やトイレ、食事等の時間も考慮すると体験できるのはざっくり1時間にひとつくらいが目安と思います。
(平日第二部は他の時間と比較するととても空いているらしいので、他の時間だと状況が違うかも)

4-1. アクティビティ

我が子が体験したアクティビティのひとつ、消防士。

設備が立派!

消防車に乗って火災現場へ行きます

消火!

キッザニアの魅力のひとつが、各アクティビティに用意されているかわいい制服。
ペラペラ感ないかなりしっかりしたクオリティで、制服着た我が子の写真を撮れるので私も大満足!
スタッフのお兄さんお姉さんの制服も本格的ですてきです。

4-2. 親は見ているだけでいい

保護者がすることは、アクティビティまで連れて行く、トイレや食事に付き合う、くらいでいいのが助かる!
アクティビティに参加するのは子どもだけなので、保護者はそばで見学するか、アクティビティ終了まではそこを離れて休憩してもOKなので普段のおでかけと比べると体力的にかなり楽でした。
(アクティビティが予定の時間より早く終わってしまい、保護者が迎えに来ず子どもがスタッフと一緒に保護者を探すというような場面もあったのであまりのんびり休憩するのは厳しいなと思いました)

4-3. 食事もできます

館内にいくつか食事できる場所があります。

こんな感じで、モスバーガーのアクティビティの横で実際にモスバーガーも売っているので買って食事できます。
他にピザーラやシャウエッセンなどありました。

4-4. もらったお金でお買い物

アクティビティが終わるとお給料(キッゾ)がもらえます。

いくつかアクティビティを体験してキッゾが少したまったので、退館前にデパートで買い物しました。

自分で稼いだお金で買い物をする我が子。

ちなみに大人は入場できません。

5. 感想

我が家は平日の第二部だったので、大人ひとり未就学児ひとりで計5,500円、この金額で半日子ども遊び放題、親はかわいい我が子の写真撮り放題ならかなりコスパ良いと思いました。
アクティビティは全部で100種類近くあるのに、今回我が家は1日で5種類しか体験できなかったので何度行っても楽しめそうです。

ちなみに・・・ 先述の通りキッザニアは第一部(9〜15時)と第二部(16〜21時)の入れ替え制なので、近くに住んでいないと行くのが結構ハードル高めなのが難点。
今回我が家はららぽーと隣接のホテルを予約し、第二部終了後ホテルに直行するプランで体力をあまり消耗せず、娘とふたりストレスなしで楽しめました。

記事一覧へ戻る